2006年04月23日

I'm here(アイム ヒア)016

パトカーと覆面パトカーが走り抜けていった。
「おじさん、あれは何?」
龍治の顔が蒼白になっていた。
「気にするな。一緒に来い」
「家で何かあったんだ。そうだろ、おじさん」
龍治は駆け出した。
私も後を追った。
自分の家に家宅捜索に入った警察官の姿を龍治には見せたくなかった。
「リュウ、行ってはいかん!」
私は声を荒げた。
龍治の家の前で数台のパトカーが赤色灯を回転させていた。
すでに沢山の警官とヤジウマで辺りは騒然となっていた。
私は龍治に追いつくと抱き寄せた。
龍治の息づかいと鼓動が伝わってきた。
「おじさん、どうして警察がきているの」
私は質問に答えることができなかった。
ただただ、龍治の肩を包んでやることしかできなかった。
だが感傷に浸るのはそこまでだった。
「ちょっと話をよろしいですか」
丁寧な言葉だが言い方に否応(いやおう)はない。
刑事が二人私たちの前に立っていた。

パトカーと大勢の警官とヤジウマ。
その中で、蓬髪で伸び放題のヒゲを生やしたホームレスと少年は目立ちすぎた。
「君は相沢龍治くんだね」
龍治は素直に頷いた。
「そして、あんたは……」
私はそっぽを向いた。
相沢と言うのか。
そうだった。
確かに表札にはそう書かれていた。
私は今更ながらに、少年の名字を反芻(はんすう)した。
「署まで来ていただこうかな」
いよいよ私もホームレスとしての調書を取られる時が来た。


河原に秋の地虫が泣くころ、私は一年ほど住んだ「家」をたたんだ。
コンロや鍋、携帯ラジオなど身の回りの物は世話になった河原の先輩方に進呈した。
9月の初めに龍治が尋ねてきてから1ヶ月が経とうとしている。

あの日、龍治と私は多摩中央警察署で別々に聴取された。
私には権力も金もなかった。
とうとう龍治を助けることはできなかった。
それだけが忸怩(じくじ)たる思いだった。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
「元気まぐ」とは
「元気まぐ」をサイト情報に追加する by BlogPeople

私たちは、日常のちょっとしたことが原因で、落ち込んだり悲しくなったりします。
その一方で、さっきまでの落ち込みがウソのように元気になって、立ち直れることがありますよね。
人は、どんなきっかけで元気になれるのでしょうか。
普段、気にもとめないような「元気のみなもと」を追求していけば、元気になれそうな気がしませんか。

元気になるには、人それぞれのコツがあるのです。
みんなの「元気になるコツ」をみんなが知ることができたら、へこんだ時でも元気なれそうな気がしませんか。
1%の元気しかなくても「元気のコツ」を使って100個の元気を集めたら、元気100%になれるでしょう。

縁あってこのサイトを訪問して下さった皆様が元気になれますように、そうして私自身が元気になるために、「元気になるコツ」をご紹介していきます。
コメント
外出先からの投稿
QRコード
QRコード