元気まぐポケット(携帯小説)

2006年06月30日

I'm here(アイム ヒア)025-最終回-

事件の後、私は学生時代の先輩から弁護士としてスカウトされた。
私は龍治と逢っていなければ、再び法廷に立つようなことはなかったろう。
検事であれ弁護士であれ、人間の業(ごう)が渦巻く法廷の空気になじめず精神に破綻きたした人間だった。

だが、龍治が教えてくれた人間として大切なことが、私が人間としてもう一度やり直してみるきっかけを与えてくれたのだった。

「本当に大切なことは大切なことのために、今自分がやるべきことを行動に移すことだ」

私が龍治に言った言葉だが、彼の行動がそれを示していた。
私は先輩の申し出を受けることにして、弁護士として再出発することにしたのだ。

私は龍治が学校へ行っている間に、相沢夫人と会った。
免職となった相沢元刑事の弁護を引き受けるためだった。
私の申し出に不審を抱いた夫人だったが、経緯を説明し龍治の事に及ぶと涙をこぼした。
夫人は繰り返し繰り返し頭を下げて礼を言った。
私は一つだけお願いをした。

「龍治くんに私のことは話さないで下さい」と。

隠す必要はなかったが、私は一度底に落ちた人間である。
底から這い上がって、立ち直った時に笑顔で龍治に会いたいと思った。
髪を切り、ヒゲを剃ってスーツをまとった私に龍治は気づくまい。

別れ間際に夫人は言った。
「私たちは、もう弁護士さんに払うお金すら困るような状況なのです」
私は答えた。
「それには及びません。報酬はすでに十分すぎるほど頂いています」
夫人は怪訝な顔をした。
私の懐にはあの日の「つえぇ万」が二人いるのだ。


交差点の信号が青に変わった。
夫人は私に気づいたようだが、知らぬふりをしてくれた。
龍治とすれ違い間際、腕をポンと触れられたような気がして振り返った。
Tシャツの少年の後姿が見えた。
もちろんそれは感傷に浸った私の錯覚に過ぎなかった。






↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年06月26日

I'm here(アイム ヒア)024

機器としての精度も際立っているワケではない。
むしろレーザーの照射と受光角度の設定が難しい。
だがそれでも盗聴する必要があったのだ。
電話や携帯の盗聴は可能だが、本人が用心して使わなければ意味がない。
残る室内盗聴は、自宅への侵入が不可欠である。
だが、相手は現職の警察官なのだ。そうそう簡単に盗聴はできない。
残る選択肢がレーザーモニターだったのだろう。
つまり、よほど大きな事件が背後にあると言えるのだ。

加えて、新聞やテレビ、ネットでの報道でも警察の動きが妙に伝わってこない。
かん口令か報道規制されてえいるとしか考えられなかった。
ヒントは事件を追っている記者が公開しているブログだった。
この記者が本庁4課の関連を疑っていたのだ。
そこまでの情報があれば、私も元は業界の人間である。
推測の域は出ないが、ある程度の構図は分かるのだ。
「ブログをどうやって読んだのです?」
「簡単さ。家電量販店には大抵、ネットに繋がる端末がおいてあるからね」
「あのプロバイダ勧誘用のやつですか」
「そうさ」
「よく使わせてくれましたね」
私は矢崎を睨んだ。
「あいや、失礼」
「勝手に使ったって、法律には触れんだろう。確かに私は客ではないが」
「いやがりませんか」
「彼らは私には近寄ってこんよ。こんな風体の男にはね」
気分の方はだいぶ良くなっていた。
矢崎はため息をついた。
「桐生さん、お手数を取らせました」
「龍治のことは約束してくれるな」
「期待に添えるよう努力します」
「ダメだ。そんな答えは答えになっていない」
矢崎は神妙に頷いてドアを開けてくれた。


私は渋谷駅前にあるスクランブル交差点に立っていた。
アスファルトの重い蓄熱が革靴を通して伝わってきそうだった。
シャツ越しのスーツの感覚がようやく元に戻ったような感じだった。
正面に信号待ちの母子が立っていた。
見慣れたサッカーチームのTシャツと帽子をかぶった少年が母親と並んで立っていた。

母親と少年に私は面識があった。
少年は相沢龍治とだった。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年06月25日

I'm here(アイム ヒア)023

「バンがなぜ捜査車両だと思ったのです」
「盗聴のためにレーザーモニターを使ったろう」
「ですが、それだけでは警察車両とは限らないでしょう」
「ナンバーだ」
「調べたんですか」
私は答えなかった。
矢崎は思案しているようだった。
車のナンバーから誰の所有者であるかは陸運支局に手数料を支払えば分かる仕組みになっている。
バンのナンバーは品川だった。
矢崎が考えたのは、一介の浮浪者が車の所有者確認のため品川の陸運支局まで交通費を出して足を運び、手数料を払って調べたのか、ということだろう。
矢崎が考えたように、私はそんなことはしていない。

多摩市と八王子市の間に日野市という街がある。
新選組副長、土方歳三を生んだ街である。
ここに関東三大不動尊である高山不動がある。
高山不動は交通祈願の本山でもあるのだ。
国の機関は縁起をかつぐものである。
警察庁の車両は毎年、明治神宮で、警視庁の車両は高山不動でお祓いを受けるのである。
交通安全を祈願しての結果だが、札の申し込みには部署とナンバーまで添えて提出するのだ。
情報漏えいを気にする時代であっても、寺社仏閣は基本的にローテクである。
紙の管理が基本なのだ。
私は検事時代に駐車違反の切符から逃れるため、警視庁名が書かれた札をダッシュボードに掛けていた学生と会った。
駐車違反で罰金処理をしただけである。
高山不動で年末アルバイトしていた学生が洒落気で作ったものだった。
私はその情報を所轄の刑事から聞いたが流した。
ただ高山不動側には事務方に釘をさしておいたのだ。
事務方は私の事を覚えていてナンバー照会に応じてくれた。
この好意を矢崎に売るわけには行かなかった。

「レーザーモニターによる相沢幹久の盗聴と組員の死、キャンディーにはまだ結びつかないでしょう」
「これだけではね」
「決定的な確信はどこで掴んだのです」
「そんなものは、はなっからない」
「少しは感じていたのでしょう」
レーザーモニターは最終兵器だ。

↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年06月23日

I'm here(アイム ヒア)022

雑談交じりの会話だったか。
明るい談笑の一コマか。
いずれにせよ分からない。
だが、龍治は考えた。
「元刑事」のホームレスなら力になってくれるかもしれない。
龍治はどうして良いか分からなかったが、自分の家族に忍び寄る影に自分ができることを必死に考えたのかもしれない。
自分たちの力になれる人間は、悪と戦える度胸と知力がなければダメだと……。
いずれにせよ、小学生の頭で必死に考えたのだ。
頼りになる人物かを見極めるためにウソの作り話まででっち上げたのだ。
私は、そんな龍治が私にたどり着くまでの胸中を察するとこみ上げてくるものを感じた。

「元刑事ですか」
矢崎は苦笑した。
「河に上がった組員と相沢はどうやって結び付けたんです?」
「龍治に請われて、私は偵察に行ったよ」
私は思い出しながら苦笑した。
アパート前のバンと工事車両の人間は、いかついヤクザ顔ではなかった。
龍治が見たのは張り込みの警察官ではないのだ。
恐らく、相沢は自宅付近に張る捜査車両に敏感に気づいたに違いない。
暴力団関係者との連絡を一時的に絶ったか、控えた。
相沢と連絡が取れなくなった組関係者が様子を窺いにうろついたのだろう。
龍治が見た不審者は彼らだったに違いない。
そもそも張り込みの車両が小学生の子供に見破られるようでは失格である。
龍治と私は別々のターゲットを「不審者」として見ていたのだ。

「結びつける根拠はなかった。だが、暴力団相手となれば、警察もそれなりの部署のしかるべき役職の人間だと推測しただけだ」
「相沢が警察官だと知っていたのですか」
私は少し間をあけた。
「龍治がそう言った」
「ウソだとは思わなかったのですか」
「私が偵察に行ったのは、状況を把握するためだった。その段階では龍治の言うことがウソか本当かは重要ではなかったんだよ」
「家宅捜索の現場に居合わせたのは偶然ですか」
「結果的にグッドタイミングだったのは偶然だ。だが監視車両が引き上げたのは逮捕状が取れたからだと確信した」




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年06月13日

I'm here(アイム ヒア)021

最近、私の「家」がある河に溺死体が上がった。
死んだのは指定暴力団の組員だった。
キャンディーの販売に熱心だったのは良いが、彼自身がキャンディーの虜になってしまった。
売人がジャンキーになってはしまいである。
アガリを着服して自らキャンディーに投資する。
投資のための金を稼ぐためにキャンディーの売り方まで大胆になりだしたのだった。
当然、捜査線上にも名前が上がった。
彼は消された。
口封じと言うよりは粛清されたのだった。

私はその暴力団員の捜査情報を流していたのが龍治の父親ではなかったかと推測している。
「どうしてそう思われたのです?」
改札前に置かれている新聞の見出し、デパートの壁面の大型スクリーン、家電量販店のテレビ、くずかごに捨てられた新聞。
得ようと思えば、情報はいくらでも転がっている。

警察は暴力団とまったくつきあいがないわけではない。
捜査員とヤクザは必ず接点があるのだ。
接点をもたなければ、情報は得られない。
情報を得るために軽い罪は目をつむることもある。
「もちつもたれつ」の関係を良好に築く必要があるのだ。
だが、相沢は借りを作ったか金品を要求したか、確かなことは分からないが越えてはいけない線を越えたのだ。
でなければ、現職の警察官の家をヤクザがうろつくことはない。

「龍治が……」
「彼が?」
「不審なやつが家をうろついていると言った」
「彼とはどうして」
「私を訪ねてきたのだよ」
「桐生さんを、ですか」
「そうだ」
「なぜ……」
「龍治は、彼なりに家の中の微妙な空気を読んでいたんだろう」
父と母が口論していたかもしれない。母親は無意識のうちに不安な言動をしていたかもしれない。
相沢は捜査の手が自分に近づく足音を聞いていたのかもしれない。
家の周りをうろつく不審者。
そんな時に両親の会話を耳にする。
「河原に元検事のホームレスがいる」




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年05月27日

I'm here(アイム ヒア)020

「龍治の父親だが……」
私は言葉を切った。
「相沢幹久ですね」
「彼は『キャンディー』に絡んでいるのかね」
「いきなり直球ですね」
「どうなんだね。ストライクかボールか」
徐々に私は自分を取り戻しつつあった。
あの「儀式」さえやってしまえば何も問題はない。
矢崎は少し困った顔をした。
「今、調査中です」
自分の口からは部外者には言えないと言うことだ。
ならば、こちらも話すことはない。
「帰れ、と言っているのかね」
私は汚れた靴に足を入れた。
矢崎は慌てて私を制した。
「ちょ、ちょい待ってください。駆け引きはなしですよ。ここは法廷じゃないんですから」
「質問をはぐらかすからだ。私と非公式の意見交換をするのならば、君は自分自身の意見を言え」
「了解です。桐生検事……あいや、桐生さん」
矢崎は額の汗をぬぐった。
私は事件のキーマンではないが、今回の件との関連性を確認しておくことが彼の役割なのだろう。
私から背景を聞き出せなければ、彼はメンツを失う。
だが面倒なのはマスコミだ。
「ヤメ検」浮浪者の登場と容疑者の息子の関連だけで好餌(こうじ)となる。
矢崎にしても正直なところ、一応の確認を取ったら私などさっさと放り出したいのだ。

「すみません、後学のためにご指導ください」
「相沢は本庁4課の幹部なのか」
矢崎は重い吐息をつくと「幹部ではありませんが、4課の人間です」と答えた。
「暴力団に捜査情報を流していた?」
「ええ」
「河に上がった殺しか、それともキャンディーかな?」
「ええ」
矢崎はヤケ気味に髪を掻き上げた。
警視庁捜査4課は暴力団専門の部署だ。
「キャンディー」というのは微量の覚せい剤をキャンディーに溶かしたものだ。
10年ほど前までは新宿や渋谷などの繁華街で高校生相手に売買されていたものである。
だが、数年前から小中学生が対象となり、吉祥寺や多摩地域、八王子まで広がりを見せている。
これは、警察関係者だけが知りうる特権ではない。
所轄から教育委員会を経由して小学校、PTAに注意喚起の通達がなされているのだ。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年05月13日

I'm here(アイム ヒア)019

フラッシュバックの向こうに安寧の光が見えた。
一種の儀式である。
いつもそうなのだ。
「やること」をやってしまえば発作は治まるのだ。
「いや、スマン」
私はようやく自分を取り戻した。
「いえ、こちらこそムリを言って……」
「いや」
私はソファにのけぞって天井を見上げた。

ノックの音がして女性がお盆にお茶を乗せてきた。
矢崎はその盆を受け取ると「甘いものも頼むよ」そう言って追い返してしまった。
そのままドアの鍵をかけた。
矢崎は茶を私に勧めた。
私は遠慮なく熱い茶をすすった。
茶葉の心地よい香りが鼻腔を通ると次第に落ち着いてきた。
私は彼女が置いていった書きかけの調書を横目に見た。
所定の様式ではない。
レポート用紙に日付と時間、担当者の氏名が書かれていた。
「???」と書かれ四角でかこってあるのは私を指しているのだろう。
「調書はとりません。もちろん盗聴器やボイスレコーダーもありませんよ」
私はそれには答えなかった。

「相沢龍治には構うな。そっとしておいてくれ」
矢崎は小刻みに顎を動かした。
明確にイエスと言わなかったのは矢崎にはその権限がないからだ。
「イエスと言え」
「彼にはただ話を聞いているだけです。母親が迎えにくるまでね」
矢崎は言葉を一度切り、そして続けた。
「あり得ないと思いますが、あなたに誘拐されそうになったのかどうか確認する意味もありますしね」
「詭弁だ。それに彼は何もしゃべりはせんよ。
もう一度だ、彼にかまうな」
矢崎は苦い顔をすると立ち上がって内線を取った。
龍治の様子を尋ね、一度席を外して戻ってきた。
「桐生さん、カレは今婦人警官と一緒です。ヒアリングはしていません。アイスを食べていましたよ。彼の母親もこちらへ向かっているそうです」
私は頷いた。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年05月08日

I'm here(アイム ヒア)018

「ふん」
私はほころびかけているスニーカーを脱いで絨毯に足を下ろした。
足指を靴下ごしに立て、今度は折り曲げて丸めた。
微かな緊張と腹からこみ上げてくる吐き気。
私はそれを悟られまいと、指の運動を繰り返した。
水分を欲していないハズなのに喉が乾いていた。
何かを口にしなければ吐きそうな衝動にかられた。
私はツバをごくりと飲み込んだ。
圧倒的に唾液の量が足りなかった。
鼓動が早くなり始めた。
−−落ち着け、大丈夫。落ち着くんだ−−
私は自分自身を子供をなだめる様にいたわった。
「いかがです。元検事としての感想をお聞きしたいのです。桐生元検事」
私の喉の乾きは頂点に達していた。
同時におかしさがこみ上げてきた。
そうなのだ。
龍治が聞き間違えたのは「ケイジ」ではなく「ケンジ」だったのだ。
私は刑事訴訟で有罪を勝ち取らねばならないプレスと検察内の派閥、日常業務の激務から精神が破綻するまで自分を追い込んでしまった。
私は自己破綻した「ヤメ検」だった。

「客として扱うのなら茶を出しなさい」
私は戻しそうになるのを堪(こら)えながら、しゃがれた声を出した。
女性警察官のペンが一瞬止まり、私の方を見て矢崎の反応を伺った。
「君……」
矢崎が促すと女性警察官は慌てて部屋を飛び出した。
私はたまらず袖口を口で抑え、呼吸を整えた。
戻すようなものは胃にはない。
出てくるのはいつも自分の弱さだった。
「ひどいんですか」
矢崎が心配そうに尋ねた。
検察でも警察でも精神を患った人間の成れの果ては有名だったようだ。
本人は無意識にいたわっているつもりだが、私には吐き気のスイッチに手をかざされるようなものだった。
限界だった。
私は激しくセキ込んでむせた。
検事時代の激務がフラッシュバックした。
私はもう片方の手を挙げて心配無用と伝えたが、体は言うことを利かなかった。
戻すものを探すようにポンプ状態となった胃から嗚咽と唾液を袖口に出した。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年05月01日

I'm here(アイム ヒア)017

多摩署はユニバーサルデザインされた明るい建物だった。
受付も事務所というよりはオフィスと言う雰囲気に近い。
私は刑事課の隣にある応接室に通された。
鉄格子のある取調室ではなかった。
もとより犯罪者ではないのだ。
だが、この待遇には何かありそうだった。
私の鼓動が高鳴った。
ヒアリングの内容を書き取る女性警察官がドア付近に腰掛けた。
私は長く伸びた不精ヒゲを、落ち着きなくボリボリと掻きながら成り行きを見守った。
騒々しい足音とせわしいノックをして入ってきたのは、30代前半の精悍な風貌の若者だった。
刑事として脂がのっている年齢である。
私は彼の顔に見覚えがあった。
「お久しぶりです。桐生さん」


確かに名字で呼ばれるのは久しぶりだった。
「どこまでご存知なんです」
単刀直入だった。
確か矢崎と言う名前だったはずだ。
「私は俗世間を捨てた人間だ。知っていることは少ない」
「その少ない部分をお聞かせ頂きたいのです」
「ホームレスデビューの経緯でもお聞かせしようか」
「その辺も聞かせて頂くことになります」
動悸が早くなりだした。
「聴取に立ち会うのは君一人かね」
「デカ長、班長も取りこんでいましてね。私では役不足ですか」
矢崎は首をすくめて見せた。
私に関心を持つものはいないと言うことだ。
「いや、そうではない。だが、ひとつ聞いておきたい」
「何でも」
「これは、職質かねそれとも何かの参考人聴取かね」
「どちらでもありません。客人としてご意見をお伺いしたいだけです。私一個人としての興味です」
現職警察官の家宅捜索をあれだけ大々的にやったのだ。
本庁からも人間が来ている。
興味云々と言っているほどヒマではないはずだ。
私は一連の関係者の枠の外の人間と認識されているが、放置するワケにもいかない、と言うのが本当のところだろう。
捜査本部長了承の元のヒアリングと見るべきだった。
私はまたタバコを吸いたくなる衝動にかられた。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー

2006年04月23日

I'm here(アイム ヒア)016

パトカーと覆面パトカーが走り抜けていった。
「おじさん、あれは何?」
龍治の顔が蒼白になっていた。
「気にするな。一緒に来い」
「家で何かあったんだ。そうだろ、おじさん」
龍治は駆け出した。
私も後を追った。
自分の家に家宅捜索に入った警察官の姿を龍治には見せたくなかった。
「リュウ、行ってはいかん!」
私は声を荒げた。
龍治の家の前で数台のパトカーが赤色灯を回転させていた。
すでに沢山の警官とヤジウマで辺りは騒然となっていた。
私は龍治に追いつくと抱き寄せた。
龍治の息づかいと鼓動が伝わってきた。
「おじさん、どうして警察がきているの」
私は質問に答えることができなかった。
ただただ、龍治の肩を包んでやることしかできなかった。
だが感傷に浸るのはそこまでだった。
「ちょっと話をよろしいですか」
丁寧な言葉だが言い方に否応(いやおう)はない。
刑事が二人私たちの前に立っていた。

パトカーと大勢の警官とヤジウマ。
その中で、蓬髪で伸び放題のヒゲを生やしたホームレスと少年は目立ちすぎた。
「君は相沢龍治くんだね」
龍治は素直に頷いた。
「そして、あんたは……」
私はそっぽを向いた。
相沢と言うのか。
そうだった。
確かに表札にはそう書かれていた。
私は今更ながらに、少年の名字を反芻(はんすう)した。
「署まで来ていただこうかな」
いよいよ私もホームレスとしての調書を取られる時が来た。


河原に秋の地虫が泣くころ、私は一年ほど住んだ「家」をたたんだ。
コンロや鍋、携帯ラジオなど身の回りの物は世話になった河原の先輩方に進呈した。
9月の初めに龍治が尋ねてきてから1ヶ月が経とうとしている。

あの日、龍治と私は多摩中央警察署で別々に聴取された。
私には権力も金もなかった。
とうとう龍治を助けることはできなかった。
それだけが忸怩(じくじ)たる思いだった。




↓記事が参考になりましたらクリック願います。 人気blogランキングバナー帯ブルー
「元気まぐ」とは
「元気まぐ」をサイト情報に追加する by BlogPeople

私たちは、日常のちょっとしたことが原因で、落ち込んだり悲しくなったりします。
その一方で、さっきまでの落ち込みがウソのように元気になって、立ち直れることがありますよね。
人は、どんなきっかけで元気になれるのでしょうか。
普段、気にもとめないような「元気のみなもと」を追求していけば、元気になれそうな気がしませんか。

元気になるには、人それぞれのコツがあるのです。
みんなの「元気になるコツ」をみんなが知ることができたら、へこんだ時でも元気なれそうな気がしませんか。
1%の元気しかなくても「元気のコツ」を使って100個の元気を集めたら、元気100%になれるでしょう。

縁あってこのサイトを訪問して下さった皆様が元気になれますように、そうして私自身が元気になるために、「元気になるコツ」をご紹介していきます。
コメント
外出先からの投稿
QRコード
QRコード