人気blogランキングバナー帯ブルー
元気まぐ TOPに戻る
おすすめリンク集

脳をリフレッシュする大人のぬりえ

脳をリフレッシュする大人のぬりえ


大人がたのしむ 塗り絵帖 [世界の名作16選]

大人がたのしむ 塗り絵帖 [世界の名作16選]


大人がたのしむ 塗り絵帖 [花の名画16選]

大人がたのしむ 塗り絵帖 [花の名画16選]


大人の塗り絵―美しい花編

大人の塗り絵―美しい花編


大人の塗り絵 花鳥風月編

大人の塗り絵 花鳥風月編


大人の塗り絵 花とフルーツ編

大人の塗り絵 花とフルーツ編


名画の塗絵―アルフォンス・ミュシャ編

名画の塗絵―アルフォンス・ミュシャ編


うたうぬりえ帖〈上〉―高齢者のレクリエーションブック

うたうぬりえ帖〈上〉―高齢者のレクリエーションブック


うたうぬりえ帖高齢者向け〈中〉―高齢者のレクリエーションブック

うたうぬりえ帖高齢者向け〈中〉―高齢者のレクリエーションブック


百人一首ぬりえブック―塗って、飾って、詠んで、遊んで…。百首分のぬりえ・カルタ、ゲーム&なぞなぞ    高齢者ふれあいレクリエーションブック

百人一首ぬりえブック―塗って、飾って、詠んで、遊んで…。百首分のぬりえ・カルタ、ゲーム&なぞなぞ 高齢者ふれあいレクリエーションブック


花の塗り絵―誰でも簡単に塗れる名画、豪華16枚 初公開!幻のシーボルト・日本植物コレクションより    1クラス上の、大人の塗り絵倶楽部 (第1回 シーボルト・コレクション)

花の塗り絵―誰でも簡単に塗れる名画、豪華16枚 初公開!幻のシーボルト・日本植物コレクションより 1クラス上の、大人の塗り絵倶楽部 (第1回 シーボルト・コレクション)


脳いきいき 大人のぬり絵〈vol.1〉花と果実編

脳いきいき 大人のぬり絵〈vol.1〉花と果実編


Japanese Prints Coloring Book (Dover Coloring Books)

Japanese Prints Coloring Book (Dover Coloring Books)

Q.精神を安定させ集中力を上げる方法はありますか。


何かを集中的にやりたいことってありますよね。
興奮していたり何かに気を取られていると、雑念が混じり思うようにはかどらないことも……。
かえって仕事が忙しい時の方が、時間を大切にして「あれもこれも」片付いてしまう経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
気持ちをうまく切り替え、手軽に精神集中できる方法はあるのでしょうか。

A.ぬり絵は気分転換に役立ち、精神集中もできます。


ぬり絵と言えば、子供時代に誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
ぬり絵は、ストレス解消や気分転換に役立つ道具として幅広い年齢層に広がり、大人用のぬり絵も販売されています。

老人介護施設で使っているぬり絵が子供向けばかりだったため、「大人向けのものもあれば」というのが企画のきっかけだったようです。
2005年4月には河出書房新社の「大人の塗り絵」シリーズが発行され、次いでリリーフ・システムズが「塗絵倶楽部」を。
紀伊国屋書店などでも専用のコーナーが設けられました。
花や動物、世界の名画、浮世絵、世界遺産など一口に塗り絵と言っても、テーマは様々です。

それではぬり絵の良さとは何なのでしょうか。
1)絵を描けない人もぬり絵ならできる。
2)完成品を額に入れて飾るなど、仕上げたあとも楽しみがある。
3)彩色を創造する楽しみ。
4)手軽に達成感を味わうことができる。
5)安価で取り組みやすい。
6)家族で楽しめる。

ざっと、こんなところでしょうか。
ぬり絵の効果を考えた時、私が最初に思い浮かべたのは般若心境の「写経」でした。
写経も精神の安定と集中力がつくことで知られています。
その効果として、
1)難しい字を整えて書くため精神鍛錬になる。
2)写経の意味が分かってくると崇高な気持ちになる。
3)座禅などに代表されるような前向きなイメージを持てる。
4)自宅で手軽にできる。
5)書き上げたあとの充実感や達成感を得られる。

どうですか?
ぬり絵と写経って、通じるところがありませんか。
色鉛筆と筆、カラーとモノクロの違いはありますが、彩色や色をぬる時の神経を使う様は、難しい字を整然と書き連ねる様と同じでですよね。
自宅で手軽にできますし、完成した時の達成感もあります。

2006年1月4日の産経新聞によれば「脳を活性化するのに最も効果が高いのは「写経」であることが、川島隆太・東北大学教授と学研の共同研究で分かった。」との記述もあります。
川島隆太教授と言えば「東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」と言うゲームソフトの監修者としてもお馴染みです。
この記事では「学研は、実験結果を冊子にして、特別養護老人ホームなどに配布」とあり、高齢者にはぬり絵と同じ役割を果たしそうです。

つまり、写経もぬり絵も根本にある効果は同じと言えるのではないでしょうか。
写経と聞けば敷居が高そうですが、ぬり絵ならば誰でも取り組めそうですね。
無色の状態から、配色を考え完成をイメージしながら仕上げる時間は集中力を養えそうです。
まさに「没頭」という境地でしょうか。
また「0(スタート)→1(完成)」というリセット方式は、達成感を得るのに最適です。
楽しみながら集中できるぬり絵で、あなたも集中力アップと脳の活性化に挑戦してみませんか。

この記事が参考になりましたらクリックお願いいたします。人気blogランキングバナー帯ブルー



この記事「Q.精神を安定させ集中力を上げる方法はありますか。」に

コメントする トラックバックする

Copyright(C)2005 Genki-Mag All Rights Reserved.