元気まぐ TOPに戻る


元気のもみじ

去年、おととしは私的にはキツくて辛い年でした。
出張が多く体力的にも限界に近いものがありましたが、精神的に不安定なことが多かったのです。
そんな苦しいとき、辛いときにお守りがわりになったのが、この「元気のかけら」です。
いつもケータイに入れていました。



顔写真だけや普段のスナップも良いのですが、私にはこれが一番元気の回復につながったように思います。

私には子供が3人います。
3人一緒の「良い顔」写真ってなかなか撮れないんですよね。

それに引き換え手のひらなら、「表情」はそんなに気にならないですしね。
この手のひらを見ると、離れている時でも子供たちの顔をよく思い浮かべられるんです。
なまじ、顔が写っていない分だけ、想像をかき立てられるような気がします。

撮影のときは、
「みんな手をだしてごらん」
と言ったら、怪訝な顔をしながらも「無心」な気持ちで出してくれました。

ちなみに、この「元気のかけら」の主たちは、こちら「ほっと一息、水無月家の阿呆な家族たち」で紹介しています。

ところで、どれが誰だっけ?


みんなの「元気のかけら」教えてください。

Copyright(C)2005 Genki-Mag All Rights Reserved.