人気blogランキングバナー帯ブルー
元気まぐ TOPに戻る
おすすめリンク集

新光堂 純銅製 湯たんぽ 袋付 2.3 LS-9395

新光堂 純銅製 湯たんぽ


新光堂 純銅製 ミニ 湯たんぽ 袋付 0.85L S-9397

新光堂 純銅製 ミニ 湯たんぽ


マルカ チタン湯たんぽ

マルカ チタン湯たんぽ


新光堂 純銅製 ミニ 湯たんぽ 袋付 0.85L S-9397

マルカ 純銅製湯たんぽ





純銅製湯たんぽ ドーム型





ステンレス湯たんぽ




WALL社製 湯たんぽ





銅クリーナー

Q.つま先から暖まって眠る、良い方法はありますか。


寒い冬は布団にくるまって心地よくやすみたいもの。
冷たい布団に入っても、暖まるまでじっと我慢です。
やすむ直前に布団乾燥機や電気毛布を使う方法もありますが、今度は暑すぎて汗をかき風邪をひいてしまうことも。
俗に「頭寒足熱」と言いますが、足元を暖めてやすむのが快眠への第一歩です。

つま先を暖めて眠るのに良い方法はあるのでしょうか。

A.「湯たんぽ」なら、体ぽかぽか暖まって眠ることができます。


昔ながらの暖房器具「湯たんぽ」が見直されています。
使い方は簡単です。

1)ネジ式になっているフタをあけます。
2)お湯を注ぎます。
3)フタをしめます。
4)注いだあと、ヤケドしないようにタオルなどの厚手の生地で包みます。
5)フタの部分を上にして、布団に入れます。

あとは湯たんぽが、ぽかぽかじんわりと布団を暖めてくれます。
布団に入る頃には適度に暖まっているというわけです。

湯たんぽの素材にもよりますが、夜に入れたお湯は朝になっても熱いくらいです。
鉄、銅、チタニウム、ステンレス、陶器、ポリエチレン、天然ゴム、塩化ビニール樹脂などいろいろな素材でできた湯たんぽが市販されています。

湯たんぽは、エコロジーという点で優れていますが、他の暖房器具と違って肌を乾燥させることがないので女性にも支持されています。
他にも次のような利点があります。

1)石油ストーブやファンヒーターなどのような臭さがない。
2)火を使わないので安全。
3)エアコンのように喉が乾かない。
4)空気を汚さない。
5)明け方になっても布団全体が暖かい。
6)電磁波を出さない。
7)構造が簡単で壊れにくい。(モノによっては一生もの)
8)使う場所を選ばず屋外でも使える。
9)安価である。

一方で欠点もあります。
1)リモコンで即使用というわけにいかない。
2)温度調節にテマがかかる。(生地を多く巻いたり、お湯を注ぎ足したり)

こんなところでしょうか。
湯たんぽは昔からある「ローテク」です。
けれども「ローテク」だからこそ、長持ちで手軽に誰でも使うことができるのです。

湯たんぽは、大別するとハード系とソフト系に分かれます。
ハード系……ブリキ、銅、チタニウム、陶器、ステンレス、ポリエチレン
ソフト系……天然ゴム、塩化ビニール樹脂


ハード系は、昔ながらの素材と言ってもよく、お馴染みの小判型の形をした湯たんぽです。
丈夫で長持ち、お湯も冷めにくい反面、布団の中で使うにはゴツゴツした感じがあります。

ソフト系は「氷まくら」のイメージでしょうか。
柔らかいので破れやすい印象がありますが、実際にはそんなことはありません。
何よりも柔らかいので「アタリ」がよく、足を乗せていてもフワフワと気持ちよさげですね。

使い勝手が良いのはソフト系でしょう。
場所を取りませんし、氷枕としても使えるので一年中使えそうです。
ただ、環境と言う面では塩化ビニール樹脂は焼却の際、ダイオキシンを発生させると言われておりマイナスイメージですね。
天然ゴムの湯たんぽは容量的に1リットル程度のものしか見かけません。
また容量が少ないので保温性もやや劣ります。

長く使うのであれば、ハード系が良いのではないでしょうか。
大容量(2リットル〜3リットル)のものが多いですし、直火にかけられます。
形状もレトロな感覚が味わえますね。
ドイツ製のものはオシャレな形状とも言えます。
保温性が高いため、寒さの厳しいドイツでは冬場のスポーツ観戦時にもよく使われているようです。

ひざの上に置けば、暖かさが体全体に伝わりコタツ感覚です。
足の下におけば、指先からじんわりと暖かさが伝わってきます。
デスクトップパソコンを使っているときも、コタツ並みの暖かさでいられます。
そして眠るときは布団の中へと、まさに大活躍ですね。

これから、寒さが厳しくなる季節、環境に配慮したツールが体も心も温めてくれます。

この記事が参考になりましたらクリックお願いいたします。人気blogランキングバナー帯ブルー


Copyright(C)2005 Genki-Mag All Rights Reserved.