元気まぐ TOPに戻る


家族の絆

我が家では、家族ノートをつけています。
日記と言うよりは、連絡帳に近いですね。
下の画像は、家族ノートの一冊目です。

まだ子供たちは成人していないので、家族の生活がバラバラと言うことはありません。
でも私は出張があったり、帰りが遅かったりして子供たちの顔は「寝顔だけ」と言うこともあります。
そんな子供たちにメッセージを書くときに、このノートを使います。

外出する家内が、子供たちにメッセージを残すときに、このノートを使います。
逆に、学校から帰ってきた子供たちが、家に誰もいないときはこのノートを使います。
遊びに出かけるときに「いつ」「どこで」「だれと」「何をするのか」を書くのです。

約束帳にもなります。
「今度のテスト90点以上だったら、お小遣いちょっとふやしてね」

普段、会話ができなくても家族の字を見ていると、心が温まります。
3人の子供たちは字も成長します。
習う漢字の数や、使う量など。そして筆跡も。

一番上の長女は、絵を描くのもうまくなりました。
ついこの間まで、ワケの分からない絵だったのが、マンガのキャラっぽくなってきましたもの。

こんなコミュニケーションの取り方も悪くないよね。




ちなみに、この家族は、こちら「ほっと一息、水無月家の阿呆な家族たち」で紹介しています。

みんなの「元気のかけら」教えてください。

Copyright(C)2005 Genki-Mag All Rights Reserved.