人気blogランキングバナー帯ブルー
元気まぐ TOPに戻る
おすすめリンク集
三木谷浩史 さん 2)へジャンプする

“教祖”降臨―楽天・三木谷浩史の真実 (単行本)

“教祖”降臨―楽天・三木谷浩史の真実 (単行本)


楽天・三木谷浩史―プロ野球・新球団「楽天イーグルス」オーナー (単行本)

楽天・三木谷浩史―プロ野球・新球団「楽天イーグルス」オーナー (単行本)


楽天市場直伝EC商売繁盛60の秘訣 (単行本)

楽天市場直伝EC商売繁盛60の秘訣 (単行本)


六本木ヒルズの若手社長たち ~21世紀勝ち組企業家たちの新・哲学~ (単行本)

六本木ヒルズの若手社長たち ~21世紀勝ち組企業家たちの新・哲学~ (単行本)


楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのか (単行本)

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのか (単行本)


ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 (単行本)

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 (単行本)




■97%の努力ではダメ。徹底力が必要、そして前進。一歩引いて俯瞰する。1)

楽天株式会社 代表取締役社長 
三木谷 浩史(みきたに ひろし)さん

1.「儲かる」と「儲ける」の違い

三木谷さんは、1997年インターネット商店街(店舗や什器を持たないお店≒通信販売)「楽天」をオープンさせた情報技術(IT)関連企業の社長です。
最近では「東北楽天ゴールデンイーグルス」の新規参入をめぐり、ライブドア社長の堀江貴文さんとの競争が話題になったのは記憶に新しいです。

いつもTシャツ姿でフランクなイメージを持たせる堀江さんと対象的にスーツ姿がビシッと決まっている三木谷さん。しかしイーグルス問題では「後出しジャンケンで勝った男」と揶揄され、企業のトップとしてはいささか屈辱的だったことでしょう。

私も「楽天広場」では「勇気100%」と言う日記を綴っており、「楽天」さんにもお世話になっているのですが、テレビで見ていた感じでは爽やかな印象は受けませんでした。
むしろ、チラ見ではヒゲ(いつもヒゲを伸ばしているのではないでしょうが)も人相の悪さに一役買っていそうな雰囲気がありました。

この三木谷さんのインタビューを最近テレビで見ました。
10分程度の枠でしたが、この「時の人」のインタビューをじっくり見たのは初めてでした。
最初に思ったのは、写真も画(絵)も動きがないとキャラクターの正確なイメージは伝わってこないものなのだ、と言うことでした。
あたり前かもしれませんが、テレビのインタビューを見る限り、感じの悪い印象は全く受けなかったのです。


インタビュアーの質問によれば、三木谷さんが語るビジネスの極意は「基本は儲かること」だそうです。
興味深いのは「儲ける」ではなく「儲かる」とおっしゃったことです。
テレビのスピーカーを通してのことなので聞き違いかもしれませんが、私にはそう聞こえました。

「儲ける」と「儲かる」
この違いは大きいです。


ビジネスの基本は利益を出すこと。

その意味で「儲ける」と言う表現は正しいです。
けれども根本的な発想としては、「儲ける」と言うのはちょっと違うのではないでしょうか。
「○□ビジネスで『儲ける』にはどうすべきか」と「『儲かる』△☆ビジネスを始めるには何をすべきか」では、事業の進め方が異なってくるのです。
この違いはインターネットビジネスで言うところの「何を売るか」ではなく「誰に売るか」と言う発想に似ていますね。


要は三木谷さんは「儲かることをすれば勝ち組になれる」こと身をもって証明しているのです。
だから三木谷さんは言います「ゴールから逆引きで考える」と。
諸先輩からは、球団を運営していくには、時には40億〜50億の赤字を覚悟するようなことも言われたそうです。
だが、三木谷さんはそうは考えなかった。
「従来の手法で運営すればそうかもしれない」と。
「だが、我々のやり方では、そうはならない。赤字はマズイが、出てもMAXで10億であろう」
そう考えたそうです。
つまりビジネス的には球団運営は「儲かる」と言っているのです。
そうするために今後、行っていくことが……

1)チームを強くする。
2)財務を健全にする。
3)球界を変える。

ことなのだとおっしゃいます。
三木谷さんは「目標を達成するのが好き」だそうです。
目標を達成するためには「あるべき姿」を描き、「あるべき姿」と「現状の姿」のギャップを埋めて行かなければなりません。
そのギャップを埋めるための課題やそのための作業をスケジュールに落とし込むのです。
いわゆる「いつまでに」「何を」の世界ですね。
これが「ゴールから逆引きで考える」と言うことなのでしょう。

トップがこの将来像を明確に描き、組織の末端まで浸透させることができれば、組織は全員一致で向いている方向が一緒になります。
いわゆる「ベクトルの一致」です。
向かうべき方向が一緒で、構成員が自分の役割を認識して能動的に考え行動すれば、目標達成は早いのです。

続きを読む 三木谷浩史 さん 2)

この記事が参考になりましたらクリックお願いいたします。人気blogランキングバナー帯ブルー

元気まぐ TOP 三木谷浩史 さん 2) このページの先頭へ

この記事「楽天株式会社 代表取締役社長 三木谷 浩史(みきたに ひろし)さん」に

コメントする トラックバックする

Copyright(C)2005 Genki-Mag All Rights Reserved.