元気まぐ TOPに戻る



一冊の手帳で夢は必ずかなう
熊谷正寿
発行所=かんき出版



図解一冊の手帳で夢は必ずかなう
出版社:発行所=かんき出版
著者:
ベクトルネットワ−ク、熊谷正寿
税込価格:1,050円
(本体1,000円+税)
発行年月:2004/11



手帳200%活用ブック
日本能率協会
マネジメントセンタ−
税込価格 1,000円
(本体952円+税)
発行所=
日本能率協会
マネジメントセンタ−
ISBN:4820742396
B5 95ページ
2004/11

夢あるところに行動がある。行動は習慣を作り、習慣は人格を作り、人格は運命を作る。

この言葉は、私が師と仰ぐ「グローバルメディアオンライン株式会社」会長兼社長の熊谷正寿さんがおっしゃった言葉です。
師と言っても私が個人的に師事しているだけで、ご本人はそう言う認識はありません。(笑)

先生は著書の「一冊の手帳で夢は必ずかなう...」の中でこう述べられています。


「夢がどうして大切なのか。それは、人は夢で描いた自分の姿以上にはなれないからです。」


人間はなりたいものにしかなれない、と言います。
現在の自分の置かれている立場が、自分が「望んでいる」「望んでいない」にせよ、それは5分前、1時間前、1日前、1週間前、1ヶ月前……と過去からの延長線上の自分がそこにある、と言うことです。
今の自分は、あるべくしてそこに存在している、ということなのでしょう。

と言うことは、将来なりたい自分になるためには夢を持つことが大切なのです。
そうして、なりたい自分になるためのノウハウがこの本には書かれているのです。
机上の理屈や精神論ではありません。
一代で年商161億円の企業に成長させた熊谷社長が実践した極意が、この本にあるのです。

冒頭の言葉は、先生の好きな言葉だそうです。
残念ながら、著書の中ではこの言葉は出てきませんが、講演会に参加させて頂いたときに聞くことができました。

講演会のあと、先生を追いかけ色紙にサインをお願いしたときも、この言葉を頂きました。
それが、これです。




この色紙は居間やデスクに飾っても仕方ないと考え、玄関のスチールドアに貼りました。
もちろん、大切な色紙です。
雨や雪、埃まみれになるのはいたたまれないので「百均」でB4のビニールケースを買って、その中に色紙を入れています。




色紙を入れたケースを裏から見たところです。
分かりにくいかもしれませんが、真ん中の薄い茶色の部分が色紙の裏側です。
上の赤い部分はファスナーになっています。
色紙は、ファスナーをあけてこのビニールケースに入れています。
両側の黒い部分は、ビニール製のマグネットシートで、両面テープでケースに貼りつけてあります。
こうして色紙の表側もビニールケース越しに見えるようにして、スチールドアにペッタンコしているのです。
ドアに貼りつけたのは、毎日、出勤するときに自分を戒めることができるからです。

この色紙はお守りがわりです。
毎日、毎日、この言葉を胸に刻みながら私の夢を叶えていきます。


熊谷先生のことは、いずれこのサイトでも書きますが、それまでは私が別に運営するサイト「水無月悠里の勇気100%」の9月24日のブログ「神様に感謝っ、ついでに小悪魔にも感謝。夢がひとつ叶った!」をご覧下さい。

元気まぐ TOP

Copyright(C)2005 Genki-Mag All Rights Reserved.